boxing

スポーツの試合などで、「自分のプレーができれば勝てる」と言う選手は多いですね。

これは、スポーツだけではなく、ビジネスの世界にも言えることです。

いえ、逆にビジネスのほうが「自分のプレー」は有効な手段かもしれません。

では、「自分のプレーをする」とは、どういう意味なのでしょうか?

 

スポーツの世界には、基本動作というものがあります。

野球ならば、バッティングやピッチングのフォームを学び、キャッチボールやバットの素振りを繰り返して、その型を体に染み込ませます。

ビジネスの世界にも基本形というものがあります。

実店舗には実店舗の基本的なノウハウが有り、ネットビジネスにはネットビジネスの基本形があります。

しかし、スポーツもビジネスも、基本形は誰もが通過する過程であり、それを知らなければ、スタートラインに立つことさえできません。

基本をしっかりと身につけた上で、自分の特性を基本の上にプラスしていくことで、優劣が決まります。

でも、その基本形は時と共に変化し、レベルが上っていきます。

使い古された特性は、もはや特性ではなく、基本形の一部になっていたりします。

 

それは、今、本当に自分の特性なのか。

本当に、自分にしかできないことなのか。

それをはっきりと認識した上で、スタートラインに立つことが大切です。

「自分らしいプレーをする!」というのは、自分の尖った部分を最大限に活かすということです。

それができれば、スポーツでもビジネスでも、常にトップ戦線を走り続けることができるでしょう。

 

 

人間心理の理解が深まるLUNATIC BLOG オススメの8冊