同じことを言っているのに印象がまったく違う言葉の選択

言葉の選び方って、とても面白いと思います。

同じことを言っているのに、聞いている方にとって不快な印象を与える言葉と、楽しさを増してくれる言葉があります。

例えば、先日、時間や場所は、まちまちですが、私は3人のお客様に、ある同じ提案をしました。

その反応が三者三様で、結果も三者三様だったのが、とても面白かったです。

 

Aさん

「それ、とても面白いですね!すぐにやってみます!」

 

Bさん

「今月中にはやりたいので、いろいろとサポートして下さい。」

 

Cさん

「やりたいですが、いろいろな勉強をしないと、これはできないですよ。」

 

これ、言っていることは同じなんです。

3人共、やりたいんです。

やるためには、学習と経験が必要なんです。

それに対する障壁を自分の中でどう解決しようとしているのか、そこが大きな違いなんです。

 

Aさんは、自分でなんとか解決しようと頑張る人です。

Bさんは、サポートが必要ですが、行動力が常人離れしているので、少しサポートすれば、すぐに軌道に乗ってしまいます。

Cさんは、やりたい気持ちはあるのですが、まず、できない理由を探します。

 

その結果、Aさんは、翌日から始め、私のサポートが必要な場面だけサポートを受け、あとは試行錯誤でやり切ってしまいました。

Bさんは、時間はかかりましたが、サポートしたとおりに動いてくれて、2週間でものにしました。

Cさんは、それ以来何の連絡もありません。

 

話し方は、その人の考え方のベクトルに左右されます。

 

「~したいから、~する!」

こういう話し方をする人は、会話をしていても常に前向きで、気持ちがいいです。

 

「~しないと、~できない!」

否定語を連発していますが、言っていることは同じです。

ただし、こういう人と話していると、こちらの言葉を否定されたように感じてしまうので、だんだん嫌気が差してきます。

 

単なる話し方の癖ですが、言い方を変えれば、思考の癖でもあるのです。

話している本人ではなかなか気付きません。

他人に自分の悪い癖を指摘されて素直に修正しようとする人は、もともとネガティブな話し方はしません。

他人にアドバイスをされても、それを修正できない理由を考え始めてしまうのが、ネガティブな話し方をする人の特徴です。

私も、自分の言葉の選び方が、相手に与える印象はどうなのか?

ちょっと意識してみようと思いました。

人間心理の理解が深まるLUNATIC BLOG オススメの8冊