7830732550_ff8f82fa29_z

 

例えば、あなたが、一週間前から友だちと会う約束をしていたとします。

その前日になって、友だちから電話がありました。

「ごめんね。どうしても外せない用事ができちゃって、行けなくなっちゃったの。」

こんな時、あなたは、こう考えるはずです。

外せない用事ができたのなら仕方ないな~。

別の友だちを誘うかな・・・・

よくあることですね。

 

この場面を視点を変えてストーリー展開をするテレビドラマみたいに切り替えてみましょう。

友だちは、あなたと会う約束をしていました。

約束の日の前日に、あなた以外の人から連絡が来て、映画に行かない?と誘われました。

友だちは、あなたと会うか、あなた以外の人と映画に行くかの選択を迫られます。

友だちが、あなたと会うことを楽しみにしていたとしたら、先に約束をしていたあなたとの約束を優先させます。

でも、友だちはあなたと会うことをあまり楽しくないと思っていたら?

あなたと会って話をしてもそんなに楽しくないけど、暇だし、一人でテレビを見てるよりはいいかな?くらいに思っていたとしたら?

当然、あなた以外の人と映画を見に行くことを優先します。

 

約束をドタキャンされた時、あの人はいつもドタキャンするから、信用できない。

そう思っているのだとしたら、それは間違いです。

ドタキャンされる人は、本当によくドタキャンされます。

それは、ドタキャンされる人に魅力がないからに他なりません。

 

もし、あなたがドタキャンされたとしたら、友だちは、あなたと会う時間よりも、他の用事に価値があると判断したのです。

あなたに会うことが、楽しみで楽しみで仕方がないのだとしたら、余程のことがない限り、ドタキャンはされません。

しかも、その日は、仕事が入るかもしれないから、もし仕事になったら行けないと思う、とあらかじめ告知をするはずです。

なぜなら、ドタキャンすることになって、あなたに信用されなくなることが嫌だからです。

仕事が入ってその日に会えなくても、また次の機会を作ってあなたに会いたいからです。

友だちが、あなたとの約束をドタキャンしたとしたら、それは、あなたに会う価値が低く、あなたの信頼を失って、再びあなたに会えなくなっても問題ないと思っているからです。

 

周りを見回してみて下さい。

ドタキャンされちゃったよ~!と言っている人は、何度も何度もドタキャンされていませんか?

どんな人がドタキャンされるのか、それをよく見ていると、そこには明確なパターンが有ることに気付かされます。

  • 自分のことばかり話す人
  • 仕事や家庭の愚痴ばかり言う人
  • 友だちの悪口を言う人
  • 過去の話が大好きな人

こんな人は、会う価値が低いと思われます。

 

今、思うようにできていないことがあるなら、それを嘆いたり人のせいにすれば愚痴になりますが、どう改善すればいいのかを考えて話せば、お互いの意見交換になり、あなたと話していると楽しい!ということになるでしょう。

会話はお互いの言葉のキャッチボールだということ。

過去のことよりもこれからのことを話題の中心に持ってくること。

この2つを意識するだけで、あなたと過ごす時間の価値は高まり、それに連れて、あなたの周りに集まってくる人も、話していて楽しい人ばかりという好循環に変わっていくでしょう。

 

人間心理の理解が深まるLUNATIC BLOG オススメの8冊