プレゼント

以前、半年ほどお付き合いをしていた女性の話です。

クリスマスや誕生日に、彼女は友人などからプレゼントをもらっていました。

プレゼントをもらうと、彼女は必ずその商品をAmazonで検索し、価格を調べます。

そして、私に向かってこう言いました。

「これ、3万円もするんだよ!高いのくれちゃったね~」

「こっちは、4000円だって!笑っちゃうね。」

それまで、私は、そんなことを言う女性に会ったことがなかったので、驚きました。

 

モノには価格がつきます。

価格というのは、貨幣を介して、他人と共有できる価値のことです。

例えば、ジャンパー。

ユニクロで買えば、数千円です。

ところが、マイケルジャクソンが、プロモーションビデオの撮影で実際に着たジャンパーなら、数千万円。

価格というのは、その金額で買う人がいるから、その価格になるのですね。

 

さて、話を戻します。

友人にもらったプレゼント。

その価値は、どこで買ったらいくらだったというものではありません。

「友人がくれたもの」というのが、価値になるんだと、私は思います。

つまり、他人と共有できる価値ではなく、その人だけの価値です。

思い入れのあるもの、というのは、そういうことなんですよね。

プレゼントを贈ってくれた人の気持を「価値」として感じられないのは、人間として問題があるような気がします。

 

ちなみに、前出の女性とは、クリスマスの日に別れました。

 

でも、プレゼントを贈る方は、プレゼントしたいモノをできるだけ安くゲットしたいですよね。

それは、良いと思います(笑)

Amazonで、クーポンをゲットしてから、プレゼントを買いましょう!

人間心理の理解が深まるLUNATIC BLOG オススメの8冊