冗談の通じない人

たまにいますよね。

冗談の通じない人。

そんな人は、軽い冗談に対して「それは違うよ!」と本気で反論してきます。

「冗談だよ。」と言えば、「ああ、そうなんだ。」と納得はするんです。

本人は、「俺は真面目だからね。」と言い訳をします。

でも、これって真面目かどうかではないんですね。

冗談をいう人は、相手を笑わせようとするわけです。

その冗談に対して、冗談で返してくれれば、それは最高に面白い会話ができる相手ということになります。

冗談が通じない人というのは、相手の意図を汲み取る力が弱いのです。

会話を言葉通りにしか受け取りません。

本当は、相手が何を言いたいのか、どんな返事を期待しているのか。

そんなことを考える余裕がないのでしょう。

 

こんな人は、とても騙されやすいです。

相手の真意を汲み取れないということは、相手の言葉の裏側を推理する力もないわけですから。

ネットビジネスなどで、詐欺商材に引っかかる人もこのタイプが多いです。

そして、騙されたことをあちこちに吹聴するので、更に怪しげな人が集まってきます。

 

ビジネスにおいて、人を騙すような人は、信用を失って自滅していきます。

しかし、騙される人も同じです。

会話は、耳で言葉を聞くだけではありません。

細かな表情の変化、目の動き、体の動きなどの情報を視覚から取り入れ、総合的に判断しつつ、その上で言葉のやり取りをすることが大切です。

会話で相手を楽しませる人って、そんな技術を持っているんだな~と、そう思わされることが、最近、いくつかあったので、書いてみました。

人間心理の理解が深まるLUNATIC BLOG オススメの8冊