talking about us

先ほど、学生時代の友人と久しぶりに会ってコーヒーを飲みながら、1時間ほど雑談をしてきました。

学生時代の懐かしい話から近況報告まで、なかなか楽しい時間ではありました。

その中で、その友人は会社に勤めながら、夜も4時間ほどアルバイトをしているという話を切り出しました。

時給1,000円の配送関係の仕分けのアルバイトらしいのです。

アルバイトには、週に4日出勤し、月額7~8万円ほどを稼いでいるといいます。

会社に勤めながらのアルバイトは、なかなか厳しいけれど、長男が大学に進学したので、どうしてもお金が必要だということです。

私は、時給とか月給という概念を捨てて、15年以上経っているので、なんだか不思議な感覚でした。

そして、1時間の労働対価として1,000円とか、1ヶ月アルバイトをして、7~8万円という、その非効率さを改めて、認識させられました。

世の中には、お金を得る方法がたくさんあります。

その中でも、時給で働くアルバイトほど割の悪いものはありません。

今は、パソコンとインターネットが使えれば、もっともっと効率よく、誰にも雇われることもなくお金を得ることができます。

もちろん、そのためには勉強することも必要です。

時間も掛かるでしょう。

今すぐお金が欲しいという要望は叶えられないかもしれません。

でも、今、勉強をしていなければ、10年先も同じです。

今、勉強しておけば、数年先には今のアルバイトの月収を1時間で稼ぐことだって充分に可能です。

仕組みの作り方によっては、まったく働かずに収入を得ることもできます。

情報がお金に変わる現代、パソコンとインターネットの知識がどれほどあるのか、それらを使った稼ぎ方にどれほど精通するのかによって、収入格差は、今後ますます大きくなるでしょう。

その友人にも、そんな話をしました。

「俺は、パソコンとか機械関係が苦手だからな~。」

そう笑いながら、首を振る友人は、この先ずっと自分の時間を切り売りして生きていくのでしょう。

お金よりも大切なものは「時間」だと思います。

80歳まで生きるとしたら、生まれてから死ぬまでは、70万時間ほどしかありません。

今、40歳の人が、これから40年生きるとしたら35万時間しか無いのです。

その友人は、その時間を1時間あたり 1,000円で企業に売っているわけです。

死ぬ間際になって、時間を買い戻せるならいいんですけどね。

それは、本当にもったいないことだと思います。

人間心理の理解が深まるLUNATIC BLOG オススメの8冊