talking phone

私の友人に、いつも「時間がない、時間がない」と忙しく働いている人がいます。

本当に、朝早くから、夜遅くまで、見ているだけで疲れてしまうほどです。

 

ある日、その友人と一緒にお店で食事をしている時、電話が掛かってきました。

彼は、すぐに電話に出て、お店の外で話し込みました。

戻ってくる頃には、私の食事は殆ど終わっていて、友人の料理はすっかり冷めていました。

私が、

「なにか緊急の用だった?」

と聞くと、

その友人は、こう答えました。

「いや、取引先からの電話で、午前中に送ったFAXの補足説明だって・・・・」

 

食事を終えて、歩いていても、また電話です。

今度の電話は、横で聞いているだけで、仕事の電話でさえ無さそうです。

 

この調子で、その友人には30分に一度くらいの頻度で電話が掛かってきます。

そのたびに必ず電話に出る友人。

 

この友人は、自分自身の時間とともに、一緒にいる私の時間をも無駄遣いしていることに、まったく気づいていません。

こんなにたくさん電話が掛かってきて、俺って頼られてる?とでも言いたいのでしょうか?

私は、この友人と行動を共にするのは、これで最後だと決めました。

 

あたなは、こんなことありませんか?

 

ここまでひどくなくても、電話で自分の思考を中断させられることは多いのではないでしょうか?

 

私は、基本的に人と話している時、仕事で集中している時、考え事をしている時、電話には出ません。

居酒屋で友人と飲んでいる時でさえ、誰からの電話なのかを確認するだけで、緊急だと分かる電話以外は無視します。

 

電話は、便利な道具です。

でも、他人の時間に割り込んでくる図々しい道具でもあります。

今は、スマホなども発達していています。

メールでもFAXでもSNSのメッセージでも、通信手段はいくらでもあるはずです。

他人の時間を大切に考えるのなら、手が空いた時に、じっくりチェックできるそうした手段を選択するようにしたいものです。

 

人間心理の理解が深まるLUNATIC BLOG オススメの8冊